7D74886A-2FE9-48B6-A83D-F4BABB18DAB8.jpeg
検索
  • chocotama3

毎日実験、日々本番



世界は多くの個人の集合体で、実験の積み重ね、今の最善を尽くし、また調整をしています。

私個人としましては、過去を嘆いて未来を憂い、といった心のシステムは再設定し直して、今を尽くして今に至るというシステムを定着させたい今日この頃です。


自分の精神が落ち着くまではとしばらく言いたいこと、思うことを表に出さず控えていたのですが、いざ書こうとすると今度はどう書くのが正解か、迷惑にならないか、邪推を受けないか、言いがかりをつけられないかなどと心配で一向に書けず・・・


結局のところ、自分の中の様々な自己防御からくるバイアスが、外の世界を冷静に観察することを妨げ、自分の真実を信頼し表現することを恐れているわけです。

自分の中の回転軸が真っ直ぐじゃなく、倒れているような、方々で暑いよ、寒いよ、こうしてくれ、ああしてくれ、と訴る声を聞き過ぎて立っていられなくなってしまった状態を立て直すことが、ここ数年の最優先事項でした。

そのために私が行った実際的な方法として瞑想とイメージトレーニングがありまして、自分のエネルギーが漏れたり傷ついているところを修復し、自分に戻すイメージと、要らない感情を手放すイメージをすることです。

一度でもかなり効果はありましたので、ひたすら毎日続けました。

しかし同時に、私はやはり絵を描くこと、対象を観察することすなわち「素描」が1番いいかな・・・自分に戻れますのでね。

ただ、しばらく描くことも辛く、数ヶ月も描けなかったために絵に戻ることがまた辛かった・・・!しかし諦めず這うように筆を持って、自分の現状をしっかり目を見開いて受け止めております。

不整脈を起こすほどしんどいですが、同時に知ることの清々しさも覚えます。やはり、描くことは

自分にとって自分で居るための方法であると文字通り痛感している次第です。



詰まるところ私は自分の正直な感覚に従い、私が美しいと思うものへの奉仕に専念するために生きております。

私には出来ることと出来ないことがある、ということを自分で思い知れば、本来の最善を尽くせるでしょう。

結果、どなたかの心にかなうものが描ければそれは幸いです。



閲覧数:79回0件のコメント

最新記事

すべて表示